BISOUS! #16

今回、フランスの「ワールドエレクトロ」DJ CLICKのITWと本人のスペシャルMIXをお送りします。
そして、Montreux Jazz Festival Japan 2016の紹介もします。
今年は、フランスからの出演者は、何と、あのSERGE GAINSBOURGの息子、LULU GAINSBOURGなんです。豪華ですねー

Lulu Gainsbourg – Montreux Jazz Festival Japan Live開催決定!
lulugainbourg

10月6日 選曲

M1 Bireli Lagrene / La mer
ビレリー・ラグレーヌ/ラ・メール

M2 Yaron Herman / Toxic
ヤロン・ヘルマン/トクシック

M3 Merzhin / L’etincelle
メルジン/レテンセール

M4 Melanie de Biaso / I’m gonna leave you
メラニー・ドォ・ビアゾ/アイム・ゴナ・リーブ・ユー

M5 Lulu Gainsbourg / Lady Luck
* En concert au Montreux Jazz Festival Japan – 7 – 9 octobre
ルル・ゲンスブール/レディー・ラック
*Montreux Jazz Festival Japan (10月7日~9日開催)ライブ開催

M6 Serge Gainsbourg / Mon legionnaire
セルジュ・ゲンズブール/モン・レジオネール

M7 DJ Click Special DJ Mix
ディージェー・クリック スペシャルDJミックス

Lulu Gainsbourg en concert au Montreux Jazz Festival Japan

lulugainbourgFort du succès de sa première édition tokyoïte en 2015, le Montreux Jazz Festival Japan revient cette année pour nous apporter son vent de jazz contemporain après la torpeur tropicale des derniers mois. Petit frère du fameux Montreux Jazz Festival de Lausanne qui vient de fêter sa cinquantième édition sur les bords du Lac Léman, ce rendez-vous des passionnés de jazz “branché” est également une opportunité de découvrir des artistes internationaux, de styles musicaux variés. Cette année le festival accueillera trois artistes ”made in France” : le jeune pianiste luxembourgeois Francesco Tristano, déjà passé de nombreuses fois au Japon, cette fois-ci sur scène avec la légende de la musique techno Derrick May, Melanie De Biasio, chanteuse belge révélée par Gilles Peterson et déjà présente sur l’affiche en 2015 et enfin Lulu Gainsbourg dont l’album intimiste “Lady Luck” récemment sorti, signe une émancipation assumée du fils de l’Homme à tête de choux. Réservez votre week-end, le Montreux Jazz Festival Japan se déroule du 7 et 9 octobre 2016 au Garden Hall et au Unit!

<Montreux Jazz Festival Japan>

du 7 au 9 octobre 2016
lieux:The Garden Hall, Ebisu / UNIT, Daikanyama
※ programme du UNIT disponible prochainement

➞ Francesco Tristano + guests
le 7 octobre 2016 – The Garden Hall, Ebisu
ouverture des portes: 18h / début du concert: 19h
site officiel
facebook

➞ Melanie De Biasio + guests
le 8 octobre 2016 – The Garden Hall, Ebisu
ouverture des portes: 17h / fermeture des portes: 18h
site officiel
amazon.co.jp
facebook
label

➞ Lulu Gainsbourg feat. Ara Starck + guests
le 9 octobre 2016 – The Garden Hall, Ebisu
ouverture des portes: 17h / début du concert: 18h
site officiel
facebook

Montreux Jazz Festival Japan – 10月7日ー9日開催

lulugainbourg1967年以来、スイス・レマン湖のほとりで毎年初夏に開催されている世界三大ジャ ズ・フェスティバルのひとつ、Montreux Jazz Festival(モントルー・ジャズ・フェスティバル)は今年、記念すべき「第50回」を迎えた。同フェスティバルの創始者にして、長年最前線で指揮を 執り続けたクロード・ノブスは、2013年1月に逝去。開催50周年に立ち合うことなく、76歳でこの世を去った。しかしながら彼の遺志は受け継がれ、日 本でもMontreux Jazz Festival Japan(モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン)として花開くことになる。昨年にひき続き、2度目の東京開催となるモントルー・ジャズ・フェ スティバル・ジャパン 2016は、前年の高評を受けてさらに内容を拡充。世界が認める“本物”たちが、今年もその精髄を披露する。イベント名に冠された「ジャズ」の文字は、演 奏スタイルや音楽ジャンルを指し示すものではなく、「大人が愉しめる」上質で洗練された音楽。あるいは、本来、ジャズという音楽が保有している「自由闊達 な精神」を宿した演奏。私たちが考える「ジャズ」とは、そんな音楽。ここに今年、出演が決まったフランス、ベルギー、ルクセンブルグからのアーティストを ご紹介。ルクセンブルグ出身のピアニスト、クラシックのみならず現代音楽の世界にまで活躍の場を広げ、近年ではカール・クレイグやモーリッツ・フォン・オ ズワルドといったエレクトロ・ミュージックを展開するアーティストとも共演をしている奇才、Francesco Tristano(フランチェスコ・トリスターノ)。昨年の第1回モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンに出演をしたベルギー出身の歌姫 Melanie De Biasio(メラニー・デ・ビアシオ)が2度目の来日を果たす。そして、 シンガー・ソング・ライターであり、俳優、映画監督としても活躍するLulu Gainsbourg(ルル・ゲンズブール)が再来日をする。フェスティバルは、秋の麗かな陽気に3日間に渡り東京2会場にて開催される。

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン

開催日時:10月7日(金)〜9日(日)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール代官山UNIT
※代官山UNITでのプログラムは未発表

➞ フランスチェスコ・トリスターノ、他
10月7日(金) @恵比寿ザ・ガーデンホール
開場:18時 / 開演:19時
公式HP
facebook

➞ メラニー・デ・ビアシオ、他
10月8日(土) @恵比寿ザ・ガーデンホール
開場:17時 / 開演:18時
公式HP
amazon.co.jp
facebook
label

➞ ルル・ゲンズブール feat. アラ・スタルク、他
10月9日(日) @恵比寿ザ・ガーデンホール
開場:17時 / 開演:18時
公式HP
facebook

Chinese Men en concert

chineseman_photo31_mdTout le monde ou presque a encore en tête le tube “I’ve got that tune”, diffusé en 2007 sur le petit écran et toutes les stations de radio françaises. Le collectif originaire des Bouches-du-Rhône fait ses débuts en 2005 avec la sortie de plusieurs quatre-titres issus de son propre label, Chinese Man Records. Puisant ses influences dans le rap, la funk ou encore le dub et le jazz, les trois DJ (Zé Matéo, SLY et High Ku) connaissent la consécration à partir de 2008 en se produisant sur les scènes renommées du Printemps de Bourges (révélation hip-hop) et des Solidays puis, les années suivantes, apparaissent en tête d’affiche de nombreuses scènes à travers toute la France. Véritable référence en matière de hip-hop expérimental, Chinese Man Records s’attelle depuis à la production de nouveaux artistes tels que Deluxe et Taiwan MC et se construit un univers visuel en s’associant à l’illustrateur Julien Loïs ou encore au duo Fred & Annabelle. Six ans après l’album “Racing with the sun”, Chinese Man s’apprête à sortir un nouvel opus début 2017 en France. D’ici là, nous vous invitons à découvrir le groupe en tournée japonaise, pour la toute première fois, cet automne!

<en concert>

➞ le 30 septembre 2016 – Solfa, Tokyo
ouverture des portes: 23h / fin de la soirée: 6h
avec: Chinese Man, Bugseed, Pigeondust, Cram, Tajima Hal, Lidly, 3, Sonic Blast
plus d’informations sur cet événement en cliquant sur ce lien

➞ le 1er octobre 2016 – Scène extérieure de l’Institut français du Japon, Tokyo
dans le cadre des Journées du Goût 2016
début du concert: 18h

➞ le 1er octobre 2016 – FAI Aoyama, Tokyo
dans le cadre de Balkan Beats Tokyo
début de la soirée: 21h 〜 toute la nuit
avec: Chinese Man (en DJ set), DJ Tagada + guests

チャイニーズ・メン ライブ開催決定!

chineseman_photo31_md2004年に南仏エクス=アン=プロヴァンス出身のDJ、Zé Mateo、High Ku、そしてビートメーカーのSLYによって結成されたフランスのヒップホップ集団「Chinese Man (チャイニーズ•マン)」。そのユニークなグループ名のみならず、彼らの展開する音楽はラップはもとより、ファンク、ダブ、レゲエ、ジャズなどの異なる ジャンルの音楽からの要素を取り入れるなど、限りなく自由。ヒップホップの枠に捕われないChinese Manならではのスタイルを確立し、観客を陶酔させる彼らのサンプリングには母国フランスをはじめ各国で定評がある。一方、常に水面下で活動を続けてきた 彼ら。「Chinese Manとして活動をはじめてすぐに、ミュージシャンになりたいなんていう自分たちのエゴは捨て去ったんだ。以降、自分たちにとって音楽をやるということ は、前に出て目立とうとか、有名になるなんてことが目的ではなくなった。」ショービズの世界に媚びる音楽なんてまっぴら御免、音楽を通して文化そのものを 築き上げる、そんな確固たる意思をもって10年以上に渡り活動を続けてきた。活動開始と同時に立ち上げたレーベルChinese Man Recordsは、現在8組のフランス、アメリカの旬なグループを扱うなど、レーベル・マネージメント業務も難なくこなす、所謂オープン・マインドの持ち 主。2017年には待望の最新アルバムのリリースも予定されているこの骨太な3人組が、今回満を持して初来日公演を行なうことが決定!夏の灼熱の余韻を残 したまま、彼らの熱い精神を日本のみなさんにも是非堪能していただきたい。

<公演情報>

➞ 9月30日(金) @Solfa, 東京
ラインナップ:Chinese Man, Bugseed, Pigeondust, Cram, Tajima Hal, Lindy, 3, Sonic Blast
開演:23時 – 終了予定時間:6時
詳細はこちら

➞ 10月1日(土) @アンスティチュ•フランセ日本-東京 屋外特設ステージ
イベント「美食の祭典 2016」
Chinese Manライヴ開始予定時間:18時

➞ 10月1日(土) FAI 青山,東京
イベント「Balkan Beats Tokyo」
開場 / 開演:21時〜
ラインナップ: Chinese Man (DJ set), DJ Tagada + guests
詳細はこちら

BISOUS#15

今回のBISOUS !では、フランスが誇るラブストーリー「男と女」の公開、50周年を記念して特集。
番組の後半の選曲はこの映画にまつわる選曲をお届けします。
「男と女」は、デジタル・リマスター版で10月15日より、全国にてロードショー。
そして、10月頭に開催されるアンスティチュ・フランセ日本主催のイベント、「美食の祭典」の特集もします。

chineseman_photo31_md

Chinese Men / En concert le 1er octobre a l’Institut francais de Tokyo
チャイニーズ・メン/10/1(土)アンスティチュ・フランセ東京でライブ開催

9月22日 選曲

M1 Yelle / Je veux te voir
イェール/ジュ・ヴー・トゥ・ヴォーアル

M2 Amadou & Mariam feat. K’naan / Africa (Bob Sinclar RMX)
アマドゥ&マリアムfeat.ケーナン/アフリカ(ボブ・シンクラーRMX)

M3 Mamou Sidibe / Bassa Kele
マムー・スィディベ/バサ・ケレ

M4 Lo’Jo / De Timbuktu a Essakane
ロージョー/ドォ・ティンブクトゥ・ア・エサカヌ

M5 Chinese Men / I’ve got that tune
* En concert le 1er octobre a l’Institut francais de Tokyo
チャイニーズ・メン/アイヴ・ゴット・ザット・チューヌ
*10/1(土)アンスティチュ・フランセ東京でライブ開催

M6 Wax Tailor / There is danger
ワックス・テーラー/ゼル・イズ・デンジャー

M7 Oxmo Puccino & The Jazzbatards / Au lipopette Bar
オクスモ・プチノ&ザ・ジャズバスタード/オ・リポペット・バー

M8 Un homme et une femme
男と女

M9 Bertrand Belin / A bicyclette
ベルトラン・ベラン/ア・ビスィクレット

M10 Pierre Barouh / Kyo, anata ga
ピエール・バルー/今日、あなたが

M11 Pierre Barouh / Ara ga enai mono
ピエール・バルー/あらがえないもの

M12 Olivia Ruiz / Le kabaret de la derniere chance
オリヴィア・ルイーズ/ル・カバレ・ドォ・ラ・デルニエール・シャンス

M13 Les uns et les autres
愛と哀しみのボレロ

M14 Severin / Samba Saravah
セヴラン/サンバ・サラヴァー

M15 Pierre Barouh / Otoko to onna no samba
ピエール・バルー/男と女のサンバ

BISOUS#14

9/8の見所

フランスやフランス語圏の国々の音楽、インタビュー、
フランス人DJのスペシャルミックス、日本におけるフランス文化・イベント情報、
そして、フランスにおける日本の文化・イベント情報を60分のポッドキャストでまとめてお届けします。

今回のBISOUS !では、フランスが誇るラブストーリー「男と女」の公開、50周年を記念して特集。
皆さんに、「ダバダバダ」の気分になってもらいます。
そして、今年の4月に初来日をしました、女性シンガーソングライターのAUDE HENNEVILLEのITWをお送りします。

aude henneville

9/8の選曲

M1 Dr Vince / Tout le monde il est DJ
ドクター・ヴィンス/ツゥ・ル・モンド・イレ・ディジー

M2 Ben L’Oncle Soul / Soulman
ベン・ロンクル・ソール/ソールマン

M3 Supa John / Love me, please love me
スーパー・ジョン/ラブミー、プリーズ、ラブミー

M4 Daft Punk / Get Lucky
ダフト・パンク/ゲット・ラッキー

M5 Un homme et une femme
男と女

M6 Je n’attendais que toi / Charles Aznavour
ジュ・ナタンデー・ク・トワ/シャルル・アズナヴール

M7 Aude Henneville / A part ca, tout va bien
オード・エヌヴィール/ア・パール・サ・ツゥ・ヴァ・ビエン

M8 Aude Henneville / D’amour et d’eau fraiche
オード・エヌヴィール/ダムール・エ・ドー・フレッシュ

M9 Olivia Ruiz / J’traine des pieds
オリヴィア・ルイーズ/ジュ・トレーヌ・デ・ピエ

M10 Chris Combette / Kon Out Lotomat
クリス・コンベット/コン・アウト・ロトマット

M11 Souad Massi / Ghir Enta
スアッド・マッシ/ギール・エンタ

BISOUS#13

8/25の見所

フランスやフランス語圏の国々の音楽、インタビュー、
フランス人DJのスペシャルミックス、日本におけるフランス文化・イベント情報、
そして、フランスにおける日本の文化・イベント情報を60分のポッドキャストでまとめてお届けします。

今回のBISOUS !では、前回に引き続き、ヴァカンスシーズンですので、ノンストップミックスをお送りします。
60分のフレンチミュージックをお楽しみください。

8/25の選曲

M1 Alee / Troubadour
アリー/トロバドー

M2 IAM / Marvel
アイアム/マーヴェル

M3 Soviet Suprem / Propaganda
ソヴィエット・スプレーム/プロパガンダ

M4 Java / Pepette
ジャヴァ/ペペット

M5 Deldongo / Syndrome da Bahia
デルドンゴ/シンドローム・ダ・バイア

M6 Dominique Fillon / El Paseo
ドミニク・フィヨン/エル・パセオ

M7 Dimie Cat / La voiture
ディミ・カット/ラ・ヴォアチュール

M8 Lyre le temps / Lady Swing
リール・ル・タン/レディ・スイング

M9 Jean Dujardin / Bambino
ジャン・デュジャルダン/バンビノ

M10 MC Solaar / Le Rabbi Muffin
エムシー・ソラー/ル・ラビー・マフィン

M11 Faudel / Si tu veux
フォーデル/スィ・ツュ・ヴー

M12 Manu CHao / Politik Kills
マニュ・チャオ/ポリティック・キルズ

M13 Raul Paz / Mulata
ラウル・パズ/ムラタ

M14 Michelle Michina / Mr Fish
ミシェル・ミチナ/ミスター・フィッシュ

M15 Keren Ann / Jardin d’hiver
ケレン・アン/ジャルダン・ディヴェール

M16 Kad Achouri / Lettre a marianne
キャド・アシュリ/レトル・ア・マリアンヌ

M17 Radiomatic / Dent de lait, dent de loup
ラジオマティック/ダン・ドォ・レー、ダン・ドォ・ルー

BISOUS#12

8/11見所

フランスやフランス語圏の国々の音楽、インタビュー、
フランス人DJのスペシャルミックス、日本におけるフランス文化・イベント情報、
そして、フランスにおける日本の文化・イベント情報を60分のポッドキャストでまとめてお届けします。

今回のBISOUS !では、ヴァカンスシーズンですので、ノンストップミックスをお送りします。
60分のフレンチミュージックをお楽しみください。

8/11 選曲

M1 Tete/ Fils de cham
テテ/フィス・ドォ・シャム

M2 Zaz / Je veux
ザーズ/ジュ・ヴー

M3 M / Qui de nous deux ?
エム/キ・ドォ・ヌ・ドォ?

M4 Akim El Sikameya / Le ruban noir
アキム・エル・スィカメヤ/ル・ルバン・ノワール

M5 Tiken Jah Fakholy / Africain a Paris
ティケン・ジャー・ファコリ/アフリカン・ア・パリ

M6 Watcha Clan / We are one
ワッチャン・クラン/ウィー・アー・ワン

M7 Stromae / Papaoutai
ストロマエ/パパウテ

M8 David Guetta / The world is mine
ダヴィド・ゲタ/ザ・ワールド・イズ・マイン

M9 Justice / DVNO
ジャスティス/ディヴィーノー

M10 HK et les Saltimbanks / Enfant d’une epoque
アシュカー・エ・レ・サルタンバンク/アンファン・デュン・エポック

M11 La caravane passe feat. Sanseverino / T’as la touche manouche
ラ・キャラバン・パスfeat.サンセヴェリーノ/タ・ラ・トゥシュ・マヌシュ

M12 Sanseverino / Andre II
サンセヴェリーノ/アンドレII

M13 Dorado Scmitt / Raiza Ouna Endo
ドラド・シュミット/ライザ・ウナ・エンド

M14 Richard Galliano / Bebe
リシャール・ガリアノ/ベベ

M15 DJ Click / Katchur Khan
DJクリック/カチャー・カーン

M16 Gnawa Diffusion / Match Bettikh
グナワ・ディフュジョン/マッチ・ベティック

BISOUS ! おすすめのサマー・ライブ

リチャード・ボナ & マンデカン・クバーノ– 7月31日(日)~8月2日(火)■
至高のプレイ&歌声の天才ベーシストによるアフリカン・サウンドとキューバ・サウンドの融合。
会場:ブルーノート東京www.bluenote.co.jp

 

■ 「Sukiyaki meets the World」フェスティバル – 8月26日(金)~28日(日)■
今年で26回目を迎える日本最大規模のワールドミュージック・フェスティバル、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド。「市民参加型 フェスティバル」として、事前会期では市内外での公演や演奏、楽器製作、子供向けなどワークショップに力を入れ、より多くの市民が異文化に触れられる機会 の提供と本会期でのステージを実施。今回もフランス語圏のアーティストが続々と登場。
ヴォードゥー・ゲーム(トーゴ共和国/フランス共和国)
オフィシャル・サイト / Youtube
ダミリー(マダガスカル共和国)
オフィシャルサイト
/ Youtube
サハラ・ハルガン・トリオ(ソマリランド共和国/フランス共和国)
オフィシャル・サイト
/ Youtube

開催地:富山県南砺市

●スキヤキ東京 8月30日(火)31日(水)/会場:WWW(渋谷)
●沖縄 9月2日(金)/会場:桜坂
http://sukiyakifes.jp/
sukiyaki

 

■ シャソール– 8月29日(月)
映像と美しくシンクロした驚異のパフォーマンスは必見。現代音楽シーンきっての鬼才、シャソールがビルボードライブ初登場!
会場:ビルボード東京 http://www.billboard-live.com/

 

■ ベン・ロンクル・ソウル&モノフォニックス– 9月21日(水)22日(木・祝)■
ネオ・ヴィンテージ・ソウルの旗手が人気ファンクバンドとの強力タッグで登場。
会場:ブルーノート東京 www.bluenote.co.jp

 

■クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!ー 9月20日(火)~22日(木・祝)■
~フランス映画の最高傑作「男と女」製作50周年記念~
巨大スクリーンに映し出される迫力映像×オーケストラの生演奏による名曲の数々。世界中で再演が熱望されていた公演が、日本で開催決定。

●9月20日(火)大阪公演/会場:フェスティバルホール
●9月21日(水)22日(木・祝)東京公演/会場:NHKホール
http://lelouch2016.jp/

lelouch