BISOUS!#19

2016年11月17日OA

今回のBISOUS !では、女性シンガーソングライターのNACHのITWをお送りします。
Dans ce numero de BISOUS ! une interview exclusive de NACH, la petite soeur de M.

1- La caravane passe feat. Rachid Taha / Baba
ラ・キャラバン・パス feat.ラシッド・タハ/ババ

2- Rachid Taha / Rock the casbah
ラシッド・タハ/ロック・ザ・カスバ

3- Les désaccordés / Swing ricain
レ・デザコルデ/スイング・リケン

4- Romane Acoustic Quintet / Swing et wesson
ロマーヌ・アコスティック・カンテット/スイング・エ・ウェッソン

5- D-dash / Prostitutes
*Exposition « Negative » du 15 au 27 novembre
ディーダッシュ/プロスティチュート
*11月15日(火)~27日(日)展示会「NEGATIVE」開催。

6- Matmatah / La cerise
マットマタ/ラ・スリーズ

7- ALB / Golden Chains
*En concert les 1 et 2 décembre
アルブ/ゴールデン・チェーンズ
*12月1日(木)2日(金)ライブ開催決定

8- ALB / Whispers Under The Moonlight
*En concert les 1 et 2 decembre
アルブ/ウィスパーズ・アンダー・ザ・ムーンライト
*12月1日(木)2日(金)ライブ開催決定

9- Nach / Ame mélodique
ナッシュ/アム・メロディーク

10- Nach / Je suis moi
ナッシュ/ジュ・スィ・モア

11- Habib Koite and Bamada / Kanawa
ハビブ・コイテ&バマダ/カナワ

12- Vieux Farka Toure / Diack So
ヴィユー・ファルカ・ツゥーレ/ディアック・ソ

13- Baptiste Trotignon et David El-Malek / Nir-hein
バティスト・トロティニョン&ダヴィッド・エル=マレック/ニール・ヘイン

12月1日(木)2日(金) 日仏エレクト・ロポップライブ

エレクトロ・ポップの気鋭ALB(アルブ)とシンセサイザーマエストロ齋藤久師、初共演!

ALB(アルブ)プロフィール

本名Clément Daquin(クレモン・ダカン)。フレンチ・エレクトロポップ・アーティスト。2006年、EP盤「CV 209」でデビュー。その後2007年にアルバム「Mange-disque」を制作。フレンチエレクトロタッチでありつつも、チープなファミコンサウン ドを効かせ、スウィートでポップなメロディが炸裂する内容が評判です。またオレンジ色のレコードプレイヤーを模したプラスティックパッケージが「可愛い! 音の方も間違いない」と各所で話題になります。
2012年に発表した「Golden Chains」では、現在の消費社会をブラックユーモアたっぷりに表現し、インタラクティブなPVでも話題をさらいます。また、この曲はプジョー208のCMにも起用され、一気に知名度を上げました。
2013年にリリースした「Whispers Under the Moonlight」は、またもプジョーのCMに起用されました。また、このEP盤にはアレックス・ゴファー(フレンチ・エレクトロブームを牽引したアー ティスト&サウンドプロデューサー)やAirのジャン=ブノワ・ダンケルによるリミックスも収録です。2014年2月にフランス国内チャートでベスト10 に入る。同年、満を持してセカンドアルバム「Come Out! It’s Beautiful」を発表しています。

齋藤 久師 プロフィール

91年アルバム『GULT DEP』でビクター・エンターテイメントよりデビュー。
『Yセツ王』や松武秀樹率いるLogic systemなどに参加。 世界のヒットソングをチップチューン化するユニット『8bit project』で欧州ツアーを行う。
日本ではシンセサイザー、リズムマシーンに関しての知識、演奏で地位を確立している。
「galcid」のプロデューサーのみならず共に奏者としても、国内外の公演
に参加。
著書「DTMテクニック99 (リットーミュージック)」や、CM~映画音楽の他、シンセサイザーを始めとする電子楽器の知識を活かしRoland社を始めとする機材の開発などサウンド・プロデュースなど、活動は多岐に渡る。

また、88年よりGold, Cave, EndmaxなどのクラブでテクノDJという存在があまりなかった頃からキャリアをスタートさせていたDJ活動をずっと封印していたが、2016年よりバ イナルオンリーを掲げて満を持して大復活!彼の愛機UREI1620でテクノをmixする姿はDOMMUNE主催の宇川氏をはじめ、多くの人を魅了する。

詳しくはここをクリック

Les 1 et 2 décembre : Electro-pop live

ALB et Hisashi Saito: univers retro-futuriste

Sous le pseudonyme d’ALB se cache le musicien electro-pop, Clément Daquin, originaire de Reims et complice de Yuksek depuis longtemps.
Révélé en 2011 par la musique d’une pub pour la Peugeot 208, Golden Chains, la route de ce musicien jusqu’ici coutumier de l’ombre s’éclaire de succès en 2014 avec le titre Whispers Under the Moonlight, classé dans les meilleures ventes de singles en France.

Sa rencontre avec le DJ techno et expert de la composition de musique sur synthétiser Hisashi Saito promet des soirées clavier, voix et boîte à rythmes parfaitement maîtrisées.

Infos pratiques ici

BISOUS! #18

今回のBISOUS !では、女性シンガーソングライターのCAMELIA JORDANAのITWをお送りします。
そして、12月8日(木)9日(金)、パリ日本文化会館で開催されるとてむユニークなイベント、
「落語と浮世絵のコラボ」を紹介します。

camelia-cl-gassian

11月3日選曲

M1 Bastian Baker / Tatoo on my brain
* Interview exclusive bientot dans BISOUS!
バスティアン・ベーカー/タトゥー・オン・マイ・ブレイン
*近々、スペシャルITWをお送りします

M2 Tahiti 80 / Changes
タヒチ80/チェンジズ

M3 Vanessa Paradis /  Que fait la vie ?
ヴァネッサ・パラディ/ク・フェ・ラ・ヴィー?

M4 Gotan Project / Santa Maria
ゴタン・プロジェクト/サンタ・マリア

M5 Vaudou Game / La vie c’est bon
ヴォーデゥー・ゲーム/ラ・ヴィー・セ・ボン

M6 Camelia Jordana / Ode to Maffen
カメリア・ジョルダナ/オード・トゥ・マフェン

M7 Idir feat. Tiken Jah Fakholy / Afrika taferka
イディールfeat.ティケン・ジャー・ファコリー/アフリカ・タフェルカ

M8 Tony Allen / Crazy Afrobeat
トニー・アレン/クレージー・アフロビート

M9 P18 / Emi Alado
P18/エミ・アラド

M10 Cesaria Evora & Bonga / Sodade
セザリア・エヴォラfeat.ボンガ/ソダデ

M11 Eric Legnini / Big Boogaloo
エリック・レニーニ/ビッグ・ブガルー

BISOUS! #17

今回のBISOUS !では、女性シンガーソングライターのJOE BELのITWをお送りします。
そして、アンスティチュ・フランセ主催、文学・BDのフェスティバル「読書の秋」を紹介します。

joe-bel_2016_copyright-charles-siaux-petit

10月20日 選曲

M1 Yom / Angel
ヨム/エンゼル

M2 Rachid Taha / Ya Rayah
ラシッド・タハ/ヤー・ラヤー

M3 Nadim / Toute option
ナディム/トゥット・オプスィオン

M4 BB Brunes / Lalalove you
ベーベーブルーヌ/ラララブユー

M5 M / Mojo
エム/モジョ

M6 Tryo /  Toi et moi
トリオ/トア・エ・モア

M7 Joe Bel / In the city
ジョー・ベル/イン・ザ・スィティ

M8 Joe Bel / No, no
ジョー・ベル/ノー、ノー

M9 Massilia Sound System / Dins mon canton
マスィリア・サウンド・スィステム/ダン・モン・カントン

M10 Richard Bona feat. Salif Keita / Kalabancoro
リシャール・ボナfeat.サリフ・ケータ/カラバンコロ

M11 Stephane Pompougnac feat. Anthony Bambury / Hello mademoiselle
ステファン・ポンプニャックfeat.アンソニー・バンバリー/ハロー・マドモワゼル

M12 Alain Jean Marie / Reincarnation of a love bird
アラン・ジャン=マリー/リインカーネーション・オフ・ア・ラブ・バード

BISOUS! #16

今回、フランスの「ワールドエレクトロ」DJ CLICKのITWと本人のスペシャルMIXをお送りします。
そして、Montreux Jazz Festival Japan 2016の紹介もします。
今年は、フランスからの出演者は、何と、あのSERGE GAINSBOURGの息子、LULU GAINSBOURGなんです。豪華ですねー

Lulu Gainsbourg – Montreux Jazz Festival Japan Live開催決定!
lulugainbourg

10月6日 選曲

M1 Bireli Lagrene / La mer
ビレリー・ラグレーヌ/ラ・メール

M2 Yaron Herman / Toxic
ヤロン・ヘルマン/トクシック

M3 Merzhin / L’etincelle
メルジン/レテンセール

M4 Melanie de Biaso / I’m gonna leave you
メラニー・ドォ・ビアゾ/アイム・ゴナ・リーブ・ユー

M5 Lulu Gainsbourg / Lady Luck
* En concert au Montreux Jazz Festival Japan – 7 – 9 octobre
ルル・ゲンスブール/レディー・ラック
*Montreux Jazz Festival Japan (10月7日~9日開催)ライブ開催

M6 Serge Gainsbourg / Mon legionnaire
セルジュ・ゲンズブール/モン・レジオネール

M7 DJ Click Special DJ Mix
ディージェー・クリック スペシャルDJミックス

Lulu Gainsbourg en concert au Montreux Jazz Festival Japan

lulugainbourgFort du succès de sa première édition tokyoïte en 2015, le Montreux Jazz Festival Japan revient cette année pour nous apporter son vent de jazz contemporain après la torpeur tropicale des derniers mois. Petit frère du fameux Montreux Jazz Festival de Lausanne qui vient de fêter sa cinquantième édition sur les bords du Lac Léman, ce rendez-vous des passionnés de jazz “branché” est également une opportunité de découvrir des artistes internationaux, de styles musicaux variés. Cette année le festival accueillera trois artistes ”made in France” : le jeune pianiste luxembourgeois Francesco Tristano, déjà passé de nombreuses fois au Japon, cette fois-ci sur scène avec la légende de la musique techno Derrick May, Melanie De Biasio, chanteuse belge révélée par Gilles Peterson et déjà présente sur l’affiche en 2015 et enfin Lulu Gainsbourg dont l’album intimiste “Lady Luck” récemment sorti, signe une émancipation assumée du fils de l’Homme à tête de choux. Réservez votre week-end, le Montreux Jazz Festival Japan se déroule du 7 et 9 octobre 2016 au Garden Hall et au Unit!

<Montreux Jazz Festival Japan>

du 7 au 9 octobre 2016
lieux:The Garden Hall, Ebisu / UNIT, Daikanyama
※ programme du UNIT disponible prochainement

➞ Francesco Tristano + guests
le 7 octobre 2016 – The Garden Hall, Ebisu
ouverture des portes: 18h / début du concert: 19h
site officiel
facebook

➞ Melanie De Biasio + guests
le 8 octobre 2016 – The Garden Hall, Ebisu
ouverture des portes: 17h / fermeture des portes: 18h
site officiel
amazon.co.jp
facebook
label

➞ Lulu Gainsbourg feat. Ara Starck + guests
le 9 octobre 2016 – The Garden Hall, Ebisu
ouverture des portes: 17h / début du concert: 18h
site officiel
facebook

Montreux Jazz Festival Japan – 10月7日ー9日開催

lulugainbourg1967年以来、スイス・レマン湖のほとりで毎年初夏に開催されている世界三大ジャ ズ・フェスティバルのひとつ、Montreux Jazz Festival(モントルー・ジャズ・フェスティバル)は今年、記念すべき「第50回」を迎えた。同フェスティバルの創始者にして、長年最前線で指揮を 執り続けたクロード・ノブスは、2013年1月に逝去。開催50周年に立ち合うことなく、76歳でこの世を去った。しかしながら彼の遺志は受け継がれ、日 本でもMontreux Jazz Festival Japan(モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン)として花開くことになる。昨年にひき続き、2度目の東京開催となるモントルー・ジャズ・フェ スティバル・ジャパン 2016は、前年の高評を受けてさらに内容を拡充。世界が認める“本物”たちが、今年もその精髄を披露する。イベント名に冠された「ジャズ」の文字は、演 奏スタイルや音楽ジャンルを指し示すものではなく、「大人が愉しめる」上質で洗練された音楽。あるいは、本来、ジャズという音楽が保有している「自由闊達 な精神」を宿した演奏。私たちが考える「ジャズ」とは、そんな音楽。ここに今年、出演が決まったフランス、ベルギー、ルクセンブルグからのアーティストを ご紹介。ルクセンブルグ出身のピアニスト、クラシックのみならず現代音楽の世界にまで活躍の場を広げ、近年ではカール・クレイグやモーリッツ・フォン・オ ズワルドといったエレクトロ・ミュージックを展開するアーティストとも共演をしている奇才、Francesco Tristano(フランチェスコ・トリスターノ)。昨年の第1回モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンに出演をしたベルギー出身の歌姫 Melanie De Biasio(メラニー・デ・ビアシオ)が2度目の来日を果たす。そして、 シンガー・ソング・ライターであり、俳優、映画監督としても活躍するLulu Gainsbourg(ルル・ゲンズブール)が再来日をする。フェスティバルは、秋の麗かな陽気に3日間に渡り東京2会場にて開催される。

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン

開催日時:10月7日(金)〜9日(日)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール代官山UNIT
※代官山UNITでのプログラムは未発表

➞ フランスチェスコ・トリスターノ、他
10月7日(金) @恵比寿ザ・ガーデンホール
開場:18時 / 開演:19時
公式HP
facebook

➞ メラニー・デ・ビアシオ、他
10月8日(土) @恵比寿ザ・ガーデンホール
開場:17時 / 開演:18時
公式HP
amazon.co.jp
facebook
label

➞ ルル・ゲンズブール feat. アラ・スタルク、他
10月9日(日) @恵比寿ザ・ガーデンホール
開場:17時 / 開演:18時
公式HP
facebook

Chinese Men en concert

chineseman_photo31_mdTout le monde ou presque a encore en tête le tube “I’ve got that tune”, diffusé en 2007 sur le petit écran et toutes les stations de radio françaises. Le collectif originaire des Bouches-du-Rhône fait ses débuts en 2005 avec la sortie de plusieurs quatre-titres issus de son propre label, Chinese Man Records. Puisant ses influences dans le rap, la funk ou encore le dub et le jazz, les trois DJ (Zé Matéo, SLY et High Ku) connaissent la consécration à partir de 2008 en se produisant sur les scènes renommées du Printemps de Bourges (révélation hip-hop) et des Solidays puis, les années suivantes, apparaissent en tête d’affiche de nombreuses scènes à travers toute la France. Véritable référence en matière de hip-hop expérimental, Chinese Man Records s’attelle depuis à la production de nouveaux artistes tels que Deluxe et Taiwan MC et se construit un univers visuel en s’associant à l’illustrateur Julien Loïs ou encore au duo Fred & Annabelle. Six ans après l’album “Racing with the sun”, Chinese Man s’apprête à sortir un nouvel opus début 2017 en France. D’ici là, nous vous invitons à découvrir le groupe en tournée japonaise, pour la toute première fois, cet automne!

<en concert>

➞ le 30 septembre 2016 – Solfa, Tokyo
ouverture des portes: 23h / fin de la soirée: 6h
avec: Chinese Man, Bugseed, Pigeondust, Cram, Tajima Hal, Lidly, 3, Sonic Blast
plus d’informations sur cet événement en cliquant sur ce lien

➞ le 1er octobre 2016 – Scène extérieure de l’Institut français du Japon, Tokyo
dans le cadre des Journées du Goût 2016
début du concert: 18h

➞ le 1er octobre 2016 – FAI Aoyama, Tokyo
dans le cadre de Balkan Beats Tokyo
début de la soirée: 21h 〜 toute la nuit
avec: Chinese Man (en DJ set), DJ Tagada + guests

チャイニーズ・メン ライブ開催決定!

chineseman_photo31_md2004年に南仏エクス=アン=プロヴァンス出身のDJ、Zé Mateo、High Ku、そしてビートメーカーのSLYによって結成されたフランスのヒップホップ集団「Chinese Man (チャイニーズ•マン)」。そのユニークなグループ名のみならず、彼らの展開する音楽はラップはもとより、ファンク、ダブ、レゲエ、ジャズなどの異なる ジャンルの音楽からの要素を取り入れるなど、限りなく自由。ヒップホップの枠に捕われないChinese Manならではのスタイルを確立し、観客を陶酔させる彼らのサンプリングには母国フランスをはじめ各国で定評がある。一方、常に水面下で活動を続けてきた 彼ら。「Chinese Manとして活動をはじめてすぐに、ミュージシャンになりたいなんていう自分たちのエゴは捨て去ったんだ。以降、自分たちにとって音楽をやるということ は、前に出て目立とうとか、有名になるなんてことが目的ではなくなった。」ショービズの世界に媚びる音楽なんてまっぴら御免、音楽を通して文化そのものを 築き上げる、そんな確固たる意思をもって10年以上に渡り活動を続けてきた。活動開始と同時に立ち上げたレーベルChinese Man Recordsは、現在8組のフランス、アメリカの旬なグループを扱うなど、レーベル・マネージメント業務も難なくこなす、所謂オープン・マインドの持ち 主。2017年には待望の最新アルバムのリリースも予定されているこの骨太な3人組が、今回満を持して初来日公演を行なうことが決定!夏の灼熱の余韻を残 したまま、彼らの熱い精神を日本のみなさんにも是非堪能していただきたい。

<公演情報>

➞ 9月30日(金) @Solfa, 東京
ラインナップ:Chinese Man, Bugseed, Pigeondust, Cram, Tajima Hal, Lindy, 3, Sonic Blast
開演:23時 – 終了予定時間:6時
詳細はこちら

➞ 10月1日(土) @アンスティチュ•フランセ日本-東京 屋外特設ステージ
イベント「美食の祭典 2016」
Chinese Manライヴ開始予定時間:18時

➞ 10月1日(土) FAI 青山,東京
イベント「Balkan Beats Tokyo」
開場 / 開演:21時〜
ラインナップ: Chinese Man (DJ set), DJ Tagada + guests
詳細はこちら